• 宅配ピザの歴史

    宅配ピザは大手でも数社、小さな店舗まで入れたら、その数は想像もつきません。 しかし元々はイタリア発祥の食べ物で、パスタ生地なのかピザ生地かの違いなのでソースもチーズもパスタとあまり変わり無いようです。 しかし、生き残り競争の激しい今、トッピングの違いで選ぶのも手かもしれません。

  • あなたはどっち派でしょう

    ピザの生地の大きさは、各社違いがあるのは皆さんご存知ですよね。 生地は、耳までふっくらとした食感のハンドトスタイプの生地とサクッとした食感のクリスピータイプがあります。 日本人はハンドトスタイプが好まれるようですが、これは本当に個人の好みですし、ソースやトッピングとの相性も考え選ぶのも楽しみの1つです。

  • バランスも考えましょう

    最近のピザ生地には、耳までチーズや具が入っている生地もあるそうですから、バランスを考えてトッピングを選ぶ事も大事です。 とはいえ、好きなトッピングを選ぶ時間は至極の時間。 また、野菜が食べたい人、肉をメインに食べたい人、バランスをとって注文し皆で楽しみましょう。

チーズとの相性

今では宅配という言葉が当たり前の様に使われていますが、以前は食べ物を店舗から届けさせる事を出前と言っていました。
今でも、ラーメンやソバなどは出前という言葉を使いますよね。
宅配と出前、一体どう違うのでしょうか。
それは、宅配という言葉が飲食物に使われ始めた時代に遡ります。
宅配ピザが登場したのは、日本はバブルの時代でした。
この時代、独特の単語、表現法が生まれ、時代の波に乗ったのがピザの宅配です。
また、この時代の日本は経済が上向きであった事に加え、男女雇用均等法が始まった頃でした。
女性も男性と同じように残業し、会社や家庭でピザを宅配してもらうという事が珍しい事ではなくなり宅配ピザ業社が増えていき、私達の生活に宅配ピザが浸透していったのです。
本格的なピザは、イタリア料理店に行かなければ食べられない物でしたが、電話1本、今ではインターネットで注文し配達が可能な距離であれば誰でも食べられる身近な食べ物となったのです。
バブルがはじけ、会社が規模を縮小していく中、生き残った宅配ピザ業者は8社程あったそうですが、宅配ピザと言えば?と聞くと返って来る答えは3社に絞られるようです。
ピザーラ、ドミノピザ、ピザハットです。
それぞれに個性的なメニューがあるので、自分はピザーラ派、ドミノ派、ピザハット派と良い具合に分かれています。
また、トッピングも季節限定物が登場し、本格的な味を自宅や会社で手軽に味わえる事ができるようなりました。