宅配ピザの歴史

生地との相性も考えて

生地にはハンドトスタイプとクリスピータイプがありますが、このどちらかを選ぶかで、トッピングの選び方にも違いがありそうです。
クリスピータイプは、食感はサクッとして良いのですが、チーズを多めにしたりトッピングに重めの物、例えば餅や甘辛いタレの染み込んだ照り焼きなどを選んだ場合、食べる時に生地が崩れてしまう場合も考えられるからです。
各社、生地とトッピングとの組み合わせは無限といっても良いほど種類豊富です。
もし、あまりに種類の多さに悩んだり仲間の苦手なトッピングがあったりしたら、生地、チーズ、ピザソースのみというプレーンを選ぶのも良いかもしれません。
プレーンならまずハズレという事はないでしょうし、生地そのものを味わう事もできます。

トッピングとしてのチーズ

ピザを食べる時の醍醐味は、何といっても切り分けて手に取る時の糸を引くチーズです。
そんなチーズも選ぶチーズにより、選んだトッピングの旨さを引き立ててくれるコツがあるようです。
今、生地の耳の部分までチーズが入っている生地に人気があるようですが、まずはこの点を頭に置いておきましょう。
チーズが何よりも好きだ、という人にお勧めなのが、ピザ生地にチーズが耳まで入っている事を承知の上でダブルチーズにするというオーダーです。
因みにその際には癖のないチーズで同じ種類のチーズを選ぶのがコツだそうです。
チーズも食べているうちに、飽きてしまうという事もあります。
それを防ぐコツがトッピングにスパイスの効いた物を選らぶ事です。
例えば、ペパロニや、ややスパイスの効いたソーセージなどです。
チーズ自体にかなりの塩分があるので、ここではスパイス重視にした方がよさそうです。


Shear!

B!